聖マリアンナ医科大学整形外科講座

整形外科学講座

聖マリアンナ医科大学整形外科講座 脊椎センター
menu

脊椎センターの紹介と特徴

“病める人を癒す、愛ある医療”

脊椎センター センター長

赤澤 努

脊椎脊髄外科領域の疾患は多岐に渡り、また、部位も頸椎から骨盤まで体幹を支える広い範囲が含まれ、若年からご高齢の方まで大変多くの年齢層の患者様がいらっしゃいます。当センターはこれら幅広い年齢層の患者様に専門性の高い医療を提供するため、2021年4月に設立されました。

脊柱管狭窄症や脊椎椎体骨折から特発性側弯症に至るまで幅広い脊椎疾患を網羅し、日本脊椎脊髄病学会に所属する指導医が中心となって安全、安心の治療をご提供致します。また、症例に応じて脊髄神経モニターや日本で初となる最新の脊椎ナビゲーションロボットを駆使し、安全第一に手術を行える体制を整えております。

聖マリアンナ医科大学病院の理念である「生命の尊厳を重んじ、病める人を癒す、愛ある医療 」を、患者様おひとりおひとりのニーズに合わせて提供する事を目標に治療に当たって参りたいと思います。

“せぼね”でお困りの方はぜひお気軽にご相談ください。

“患者様おひとりおひとりに最適な医療を”

脊椎センター 副センター長

鳥居 良昭

脊椎センターの副センター長を拝命しました鳥居良昭と申します。

2000年に聖マリアンナ医科大学を卒業し、以後は当院並びに関連病院にて脊椎外科を専門として歩んで参りました。

今の日本は超高齢者社会です。実際、自施設では80歳以上の高齢者脊椎手術件数は15年前と比して4.5倍に増加しています。脊椎疾患は同じ病気でも、患者様の社会背景や既往により治療の方法も変わって参ります。患者様おひとりおひとりと相談しながら最適な医療を、当院の脊椎センター員一丸となって取り組んで参りたいと思います。宜しくお願い申し上げます。

手術ロボットについて

“最新手術ナビゲーションロボットのご紹介”

MAZOR X STEALTH EDITION®

最新のロボティック技術を用いたサージカルアームガイド手術

日本初!

当センターでは日本では初導入となる、ロボットテクノロジーを駆使した脊椎ナビゲーションロボットを採用しています。

このロボットを駆使する事で、術前の画像検査から得られた情報を、最新のコンピューター解析技術を用いて、精密な変形矯正シミュレーションを行ない、より難度の高い手術を正確かつ安全に行う事が出来ます。また、ロボットの導入により手術時間の短縮、低侵襲、低被爆な術式が検討できるため、従来よりも患者様にとっても優しい手術を行うことが可能となります。

MAZOR X STEALTH EDITION®

最新コンピューター解析による脊柱変形矯正シミュレーション

最新のロボティック技術を用いたサージカルアームガイド手術

治療について

患者様へ

“センター長よりご挨拶”

仁木久照教授の所信表明演説

関連施設・関連機関

看護専門学校

大学病院

横浜市西部病院

西部病院整形外科

東横病院

ブレスト&イメージング先端
医療センター付属クリニック